白い色にも種類がある!あなたにピッタリな白はどれ?

同じ白でも違いがある

人生の門出の日にウェディングドレスを着るなら、自分の顔が美しく映える色を選ぶ必要があります。一口に白色と言っても色調が違い、大まかに黄色の色調を帯びているか、青色の色調を帯びているかで2種類に分けられます。黄みが強い白色は薄いベージュがかった生成りや黄色がかったオフホワイトがあり、青みが強い白色はほんの少しグレーがかったスノーホワイトや純白が当てはまるでしょう。
それぞれの人の皮膚の色も大まかに分けて、黄みが強いイエローベースと青みが強いブルーベースに分けられます。人種には関係なく、全ての肌の色に共通します。黄みが強い肌の人には、同じ黄色の色調の生成りやオフホワイトが似合い、青みが強い肌には、青みがかったスノーホワイトや純白が似合うでしょう。色選びを間違うと顔色が冴えず、生気がない印象に見えます。日本人の肌は黄みを帯びていますが、意外にもブルーベースが多く、過半数を占めると言われています。

自分はどちらの色調の傾向が強いか

ウェディングドレスを選ぶ時に、自分がどちらの色味の特徴を持った肌なのか分からずに戸惑ってしまうこともあるでしょう。簡単に見分けるには、手のひらを上に向けて、指先の1cm辺り下を強く握ってみてください。指先の色がローズ系やピンク系の赤になった場合は青みよりの色調の肌で、オレンジ系の赤になった時には黄みよりの肌になります。
判断が付きにくい場合は、手持ちのアクセサリーや普段のアイメイクで似合う物から考えるといいでしょう。シルバー系のアクセサリーや、ブルーやピンクとグレーのアイシャドウが馴染む場合は、ブルーベースのであることが多いです。ゴールド系のアクセサリーが似合い、ベージュやオレンジとグリーンのアイシャドウを好んで使うのであれば、イエローベースの可能性が高くなります。
自分の肌のベースを参考にして、似合うタイプの白のウェディングドレスを着て、晴れの日を笑顔で迎えられるようにしましょう。

© Copyright Latest Styles. All Rights Reserved.